ご相談からご依頼の流れ

3STEPの簡単な手続でご依頼いただけます。

初回無料相談(1時間)

まずは、1時間無料の初回法律相談をご利用下さい。ご相談者様のご事情を十分に聴き取り、法的に解決が可能か、解決までの流れや見込み期間、弊所へご依頼いただいた場合の弁護士費用などについて、ご説明をさせていただきます。

十分な聴き取りとご説明のためには弊所での面談方式が最適ですが、電話方式・Web方式にも対応可能です。また、事前にご予約をいただければ、土日・祝日・夜間の相談にも対応いたしますので、ご多忙な方でもご利用いただけます。

STEP
1

ご相談者様によるご検討

法律相談の結果をお持ち帰りいただき、ご相談者様ご自身による解決を目指すか、弊所へご依頼いただくか、十分にご検討下さい。簡単なご不明点などがございましたら、お電話をいただければご回答いたします。

もちろん、ご相談のみで終了となっても、全く構いませんので、ご遠慮なくご相談下さい。

STEP
2

弊所との委任契約の締結

弊所へご依頼をいただける場合、ご依頼を受ける範囲、弁護士費用を明記した委任契約書を作成いたします。もちろん、弁護士費用については、契約書作成前に十分な説明を行いますので、ご安心下さい。

委任契約の締結ができましたら、速やかに問題の解決に着手いたします。

STEP
3

債務整理・過払金のトップへ戻る

ご依頼から解決の流れ

債務整理案件について、ご依頼をいただいてから解決に至るまで、一般的な流れをご紹介しています。

債務整理方法の検討

ご依頼をいただく時点で、お客様にとって最適な債務整理方法を選択します。具体的には、任意整理、破産、再生の中から、選択することになります。

STEP
1

受任通知の発送

ご依頼をいただいた場合、債権者に対して、速やかに受任通知を発送します。債権者に受任通知が到達することにより、直接の取り立て等が禁止されるため、債権者からの取り立てが止まります。

但し、いわゆる「ヤミ金」など、所在が分からず(やり取りが携帯電話やLINEしかない。)、受任通知を送ることができない、受任通知が到達しても無視されてしまう場合があるため、その場合には別の対応が必要となります。

STEP
2

債務整理方法に沿った手続

受任通知を発送してから、概ね2ヶ月程度で、各債権者から債権調査票の返答があり。どの債権者に対してどのくらいの借金があるのか明確になります。ここで明らかになった債権者・借金の額などを基礎として、最初に定めた債務整理方法に沿った手続を進めます。

任意整理の場合

3~5年で債務を完済することを目指し、各債権者に毎月どのくらいずつの返済を行なうのか、計画を立てます。
計画を債権者に説明し、全ての債権者から同意を得られれば、債権者との間で和解を行ないます。
和解完了後、返済計画に従った返済を行なっていただきます。
ご依頼から、問題解決まで、概ね3~4ヶ月を想定しています。

再生の場合

必要な書類を用意して、裁判所へ申立を行ないます。
圧縮された債務を、3~5年で完済することを目指す返済計画を立て、裁判所へ提出します。
裁判所に計画を認めてもらうことができた場合、その計画に従った返済を行なっていただきます。
ご依頼から、問題解決まで、概ね6ヶ月程度を想定しています。

破産の場合

必要な書類を用意して、裁判所へ申立を行います。
債務の免除が認められない事情のないことなど、一定の条件を満たせば、裁判所から債務の免除を受けることが許可されます。
ご依頼から、問題解決まで、概ね6ヶ月程度を想定しています。

STEP
3

債務整理・過払金のトップへ戻る